FC2ブログ
フルールちゃんの失敗

「魔術師ランカン。人はそう呼ぶ。魔法剣士のセンデス先輩と比べちゃうと全然活躍していないけど、自分なりに頑張っているつもりだよ。この前も騎士リーナと協力して洞窟に住むオークをやっつけてきたし、その前はコボルトたちを倒してきたんだよ。
 そんな、ボクだから時には町の人から感謝されることもあるし、子どもから目標にされることもある・・・時々だけどね。
 それでさあ、それでさあ、きいてよ!この前よった町のフルールって子が、町を案内してくれるって言ってくれたんだ。ボクと同じくらいの年の子。
 
 こんなこと滅多になかったからね。もちろん、行くことにしたよ。町といってもどこにでもあるような町。織物の店が多いということ以外は特にこれといって案内することもなかったけどね。織物に関する話は少し退屈したけど、僕の話に興味を持ってくれて嬉しかったな。今まで経験してきた戦いとか、他の町の様子とか・・・たいした経験はしていないけど、フルールちゃんは町から出たこともほとんどないらしくて興味を持ってくれたんだ!
 それでお昼になってお腹がすいてきた。近くにあった高級料理店に入ることにした。値段は高かったけど気持ちよかったからついつい全額払うっいっちゃったね。フルールちゃんからも喜んでもらえた・・・かな? 少し話に飽きてきちゃっているかもね。
 料理は凄くおいしかった。普段は長旅用の携帯食とかしか食べていないからね。フルールちゃんも美味しいとはいっていたけど、顔はそれほどでもなかったかも・・・。後、ゼバルトティーがついてきたんだ。それも美味しかった。おかわり自由だったからドンドン飲んじゃったね。フルールちゃんも最初は遠慮していたけど、結局無理矢理飲ませちゃったかも・・・・。ちょっと意地汚い男の子だと思われちゃったかな?
 お店の人は北西部の山が綺麗だと教えてくれた。フルールちゃんも知っているみたいだったから店を出た後はそこを目指すことにした。結構距離はあるみたいだったから、また、話を続けた。旅の途中で食べる携帯食の話とか、他の町で見かけた珍しい食べ物の話とか・・・・でも、さっきほど喜んではもらえなかった。午前中はニコニコしていたのに、険しく鋭い目つきで、怒っているようにも見える・・・食べ物の話ばっかりだったかな?
 それで話を戻したんだ。魔術師としての活躍の話。でも、同じ話ばっかりになっちゃったの。そしたら、フルールちゃんはもう手悪戯を始めちゃって、そわそわし始めたんだ。早く帰りたそうな表情をし始めたの・・・・これはもう完全に嫌われちゃったかな・・・と思った。
 そこでもう思い切って聞いてみたんだ。『ごめんね、こんな話しかできなくて。もし、飽きちゃったみたいなら今日はもう帰ろうか?』
 でも、フルールちゃんは否定していたんだ。話は楽しかったし、もっと一緒にいたいって。でも、気を使っているだけだと思ってまた言ったんだ。
 『気にしなくていいよ。何かそわそわしているみたいだし、本当は飽きちゃったんでしょ・・・・時間はかかるかもしれないけど、案内なしでも目的地には一人でいくから気にしないで。』
 すると、フルールちゃんの顔が赤くなったんだ。何か言いたそうだけど、躊躇っている感じだった。恥ずかしそうにもじもじしながら足踏みや手悪戯をしたいた。
 『言いたいことがあるなら言っていいよ。できるだけ怒らないようにするから。何か嫌な話をしちゃっていたかな?』
 フルールちゃんは迷っていたけど、少し待つと何かを決心したようで蚊の鳴くような声で言った。
 『お・・・・おといれ・・・・。』
 『え・・・。』
 少し考えたけど、その一言で大体わかった。フルールちゃんはオシッコがしたかったんだ!
 そういえば今日はずっとトイレに行っていなかった。少ししたい感じはしたけど、雰囲気を悪くしちゃうといけないと思ってなかなか言い出せずにいた。それはフルールちゃんも同じだったんだね。 それに女の子はオシッコが近い方だし、あれ?女の子は逆にオシッコしなくても平気なんだっけ? それはともかく、フルールちゃんをおトイレに案内してあげられれば険しい表情もしなくなるし、そわそわと足踏みをすることもなくなるということだった。でも、知らない街だからどこに行けばいいのかはわからなかった。
 『このあたりに市場とか宿屋とか役所とかってある?』
 と聞いた。でも、フルールちゃんはええとを連呼するばかりでなかなか答えてくれない・・・・・案内する役だったけど、そのときはもうオシッコのことで頭がいっぱいでうまく案内できなくなっていたんだ。相当我慢させちゃったみたいだなあ反省反省。
 とりあえず、さっきのお店にもどってトイレを使わせてもらおうと思った。フルールちゃんの手を引いて、もと来た道を歩き始めた。でも、途中でフルールちゃんは歩くのをやめちゃったんだ。トイレを利用するためだけに、お店に入るのは恥ずかしいみたいだったんだ。そんなこと気にしている余裕あるのかなあとも思ったけど、近くにある広場にもトイレがあるからそこに行って欲しいといわれて、目的地を変更した。
 フルールちゃんは顔を真っ赤にしていた、顔からは汗が出てきて、すごく辛そうだった。余計なお世話だったかもしれないけど、ハンカチで汗をぬぐってあげた。歩き方は内股気味でゆっくりだった。でも、なんとか、広場に到着した。
 『ほら、もうちょっとの我慢だよ。頑張って!』といった。だけど本当はもうちょっとじゃあなかったんだ。広場は小さいからトイレも一つしかなくてそこが故障中で使えなかったんだ。
 フルールちゃんはもう泣きそうな顔をしていた。僕の腕をギュウっと掴んで『助けて・・・もう、限界なの・・・。』
 だから近くの家のおトイレを貸してもらおうと考えたんだけど、フルールちゃんにとってはやっぱり恥ずかしいみたいだった。
 『近くにあるトイレはそこだけだけど遠くまで我慢できる?』って聞いたら首を横に振った。『我慢できなくなったったらもっと恥ずかしいよ』というと、しぶしぶながらも『かしてもらう』と言えた。
 フルールちゃんはもうほとんど歩けない状態だった。一番近くの家までも歩くのにもかなり時間がかかりそうだった。
 『いつごろから我慢していたの?』と僕は聞いた。辛い気持ちを吐き出すことで少しは楽になってもらえるかなと思ったからね。
 『午前中からずっとしたかった・・・・。毎日、家を出る前に済ませておくんだけど、今日は緊張していたのと服を選ぶのに時間がかかったのとで、行き忘れていたの・・・。うう、こんなことならお昼にゼバルトティーをあんなにのむんじゃなかった・・・・。』
 『そうだったんだ・・・気付かなくてごめんね。それと飲み物を断っていたのにも理由があったんだね。無理にすすめるんじゃなかったなあ・・・。』
時間はかかったけど、なんとか目標の家まではこらえきれた。でもでも、可哀想なことにその家は留守だったんだ。今度こそもう少しだと思ったのにね。
 『もう、我慢できない・・・・。』
 フルールちゃんはスカートの上から手をあてがい始め、その場で足踏みをはじめた。
 『見ないで・・・・恥ずかしい・・・・。』
 僕は目をそむけながら、他の家に行くように言った。
 フルールちゃんも必死な顔でついてきたけど、5,6歩歩いた時点で、その場に蹲ってしまった。
 それで・・・・無理もないよね。ようやくおトイレできると思ったら二回もオアズケさせられちゃったんだものね。その場でもう限界になっちゃったんだ。
 前を服がぐしゃぐしゃになるくらい必死に押さえて、最後まで我慢して歩こうとしていたけど、やっぱりダメでしゅうううってオシッコが漏れ出しちゃったんだ。いくら押さえようとしてもそれはもう無理だった。
 
 その後、フルールちゃんの家に帰ることにした。フルールちゃんは全然怒っていないみたいだったけど、恥ずかしかったらしくてそれからはほとんどお話してくれなかった。
 でも、町を出るときに、一言声をかけてくれた。『この前はきちんと案内ができなくてごめんなさい。次までにはもっとしっかりとした女の子になっているから・・・また、この町に来ることがあったらお話ししましょう』って。嬉しかったね。次に来るまでにはボクももっと立派な魔術師になっていようと思った!




             



スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*0 ] page top
騎士リーナの失敗
 どこまでも続く大草原。騎士リーナは白馬で走り続けていた。
 (早く・・・・はやく・・・・。ああ、もう、もっとはやく走りなさいよ!)
 馬をうまく操っていたがそれでも焦っているようだった。なぜ、彼女は焦っているのだろうか?
 彼女が走っていたのはゼバルト王国でも僻地の方。田舎で宿や休憩地も少なく長旅にはなっていた。しかし、あらかじめ、十分な水と食糧を用意しておいた。予想以上の気温で水は多く飲んでいたがまだ十分残ってはいる。
 (早く・・・・うう、振動が膀胱に響く・・・。)
 彼女は強い尿意を催していたのだ。僻地であるため、トイレらしき施設は全く見当たらない。人通りは全くといっていいほどないため、時々草むら等で用を足してはいたが、何もない大草原が続くここでは流石に憚られた。
 (うう、もう少しだと思うのだが・・・・。)
 そのとき、彼女の前に森が見えてきた。
 (ああ、あそこだ。あの森の近くにトイレ・・・いや、村があるはずだ。)
 リーナの険しい表情が少し和らいだ。だが、排尿できるという安心感が尿道口を緩めてしまった。
 (はうううう・・・危ない危ない・・・・ちびってしまうところだった。)
 何とか腰を揺らし排尿欲求を押しとめた。森の近くの村の建物が見え、それは少しずつ大きくなっていった。そして、遂に村人まで確認できるようになった。
 (あの、女の子に聞いてみよう。しかし、同性とはいえいきなりトイレというのは・・・・まず、宿屋に泊まろう。そして、そこで借りればいい。)
 「こんにちは。ここはザバザバ村ですね?」
 「あ、どうもこんにちは。そうですよ。ようこそ、ザバザバ村へ。旅の戦士の方ですか!?」
 「ああ、そうだ。宿屋で休みたいのだがどこにありますか?」
 「え、ええとお・・・・今はありません。」
 (ええ!?どういうこと?)
 「去年まではあったんですけど田舎で来客が少ない村なので、経営が難しかったらしく今はないんですよ宿屋は・・・」
 (そ・・・そんなあ・・・・。)
 どちらかというと都会出身だったリーナには想像もしていないことだった。戦士学校を卒業して間もないため、まだまだ出身地以外のことはあまり詳しくはないのだろう。
 「あ、でも、ここの村の人は旅人に部屋を貸してもいいという人が多いので村長さんに相談してみてはどうでしょうか?」
 「あ、ああ、そうする。役場はどこ?」
 リーナはまず、役場からまわることにした。
 (ま、まずい・・・本格的に切羽詰ってきた。)
 思っていたよりも小さかったため、見落としそうになったが役場を見つけた。まず、馬を入り口に繋ぐことにした。しかし、焦ってなかなか縄を結べない。
 (ああ、もうトイレは目の前なのにー。) 
 そのとき、尿意の波が襲った。必死に足をもじつかせるリーナ。しかし少しちびってしまった。
 (う、うそ・・・・漏れた?本当に急がないと・・・・。)
 なんとかむすび終え、中に入る。
(中も狭いなあ・・・。人がほとんどいない・・・・。ええっと、トイレはどこかな?)
 「おお、旅の戦士かね?ザバザバ村へようこそ。遠かったじゃろ・・・。」
 高齢で男性の村長が話しかけてきた。他に職員らしき人はいない。これも都会育ちのリーナには予想外のことだった。
 (うう、また、トイレタイムが遠のいていくー。とりあえず挨拶しないと・・・。)
 「こ、こんにちは、リーナと申します。近くの森にコボルトが住み着いたと聞き退治に来ました。」
 「おお、それはありがたい!すまないのお、役場も人手不足なもので資料は用意できていないのじゃ・・・ええと、今のところ入っている情報は・・・」
 村長は魔物に関する情報を口頭で伝え始めた・・・話は事細かで充実していたが、リーナには聞き取る余裕がなかった。
 (ああ、もういいから早くおしっこしたい・・・・。)
 「話は大体わかりました。まだまだ若い私ですが、戦士学校での成績はまずまずでしたのでその程度の魔物ならば退治してみせます!ご心配なく!」
 リーナは話をさえぎり言った。
 「そうか、そうか、それは頼もしい・・・・。さて、報酬に関する話に移ろう・・・このような不便な地にまで足を運んでくれたことを考え、なるべく多く出したいとは思うが、我が村は財政的にも少し苦しく・・・」
 「いえ、ご心配なく。自分の腕を試せ、戦いの実戦経験を積めるのであれば報酬は多少安くても問題ありません。」
 リーナは再び話を遮った。リーナは地元では有名な商人の娘で他の若手戦士よりは高価な武具を持ち生活費、交通費にも困ってはいなかった。だが、後々のことを考えると資金が多いにこしたことはない。早く排尿したいという生理的欲求の影響が大きかった。
 「それはありがたい。それではこの額でお願いしよう。これが依頼書です。」
 (ああ、やっと終わった。今度こそおしっこ・・・・。)
 だが、油断したリーナを再び尿意の波が襲った。再びちびりそうになり、たまらず後ろから左手で股間を押さえた。だが、前からでないため、うまくいかない。足をバタバタさせ、なんとか治まった。
 「むう、どうかしたかな?」  
 村長が不思議そうな顔をする。
 (ま、まずい・・・このままでは漏れそうなのがばれる・・・。)
 「い、いえ、何でもありません。それでは!」
 リーナは役場を去った。彼女は再びトイレ休憩を目前にして逃してしまったのだった。

 (も、もう!漏れそうなのにー。でも、どうしよう・・・・戦士学校なんかもなさそうだし、市場だって小規模なものでトイレなんかないだろうな・・・となると民家だけ?だめだめ、知らない人の家でいきなりおしっこさせてもらうなんて・・・・。)
 「あら、また会いましたね。役場はわかりましたか?」
 さっき道案内をしてくれた女の子だ。
 「あ、ああ、こんにちは。おかげさまでコボルト退治が決まりました・・・。」
 「そうですか。おつかれさまです。宿はどうですか?」
 「あ・・・そ、その・・・忘れていました。」
 「良かったら家にとまりませんか?父も母もぜひ、旅の話を聞きたいといっていましたので。」
 「あ、ありがとう。では泊まらせてもらおう。」
 (よ、よかったー。今度こそちゃんとトイレを借りよう・・・。)
 だが、安心感から再び尿道口が緩んでしまった。こらえきれず足踏みをはじめるが、排尿は防げず、ちびってしまった。下着にできていた小さなしみが少しずつ広がる・・・。
 「では、こっちですのでついてきてください。」
 リーナは誰も見ていないことに気付くと、パンツを持ちあげ、股間を間接的に押さえた、なんとか排尿をとめたが歩く速度はゆっくりで、リーナはじりじりした。
 (どのあたりに家があるんだろう?早くおしっこしないと・・・。うう、下着が冷たくなってきた)
 「この家です。どうぞ、おあがりください。」
 リーナは家に入った。まず、家の者に挨拶をしようとした。できることならトイレに駆け込みたかったが彼女のプライドが許さなかった。
「はじめまして、遠いところをよくいらっしゃいました・・・・コボルト退治をよろしくお願いします。」
 (お手洗いをお借りします)
 (御手洗いを貸してください)
 (お手洗いはどちらでしょうか)
 家族との挨拶の間もリーナにはうわの空だった・・・どうやってトイレを借りるかの方がずっと重要であった。 
 「それではそちらの部屋をお使いください」
 (よし、トイレを借りよう!!今しかない!今度の今度こそ本当におしっこ・・・)
 しゅううううう・・・・
 リーナは遂におちびりとはいえない程度の排尿をはじめてしまった。股間に生暖かい感覚が広がっていく・・・。 
 (はう!?本当にって・・・まだ!!まだなの!!トイレでしないと・・・)
 「あ、あのお!!」
 「はいなんでしょう」
 急いでトイレを借りようとするリーナ。だが、放尿はなかなか止まらない・・・
 「お・・・おしっこ!!おしっこさせてください!!」
 しゅああああ・・・
 (うう、止まらないよお・・・・急がないと・・・。)
 「おといれをお借りします・・・・」
 リーナはトイレを探して家中を走り回った。
 (う、うそ・・・なんで・・・なんで見つからないの・・・)
 リーナはもう、半分くらいもらしてしまっていた。家のいたるところに水で変色した床が見える。
 (せめて・・・・せめて、少しだけでもトイレで・・・。でも、もうこの家で探していないところなんて・・・。)
 そのとき少女の声がした
 「ここから家の裏庭へ!! 家のトイレは外にあるんです。」
 (外・・・そういえばそういう建物も田舎にはあると聞いた事が・・・いそがなくては・・・・・。)
 少女の声を頼りに、リーナは家の外に飛び出した。少女もトイレに向かって走り、扉を開けて待っていてくれた。
 (あ、あれは・・・・)
 リーナの目にトイレが映し出された。家の外にあるということ以外は毎日見慣れた形のトイレだ。使い方もよく知っている・・・・しかし。
 しゅうう・・・・ぴちょん。
 (ま、間に合わなかった・・・・。 
 結局、最後の一滴すらトイレですることはできなかったのだ・・・。その場にへたり込むリーナ。
 「どうしたんですか!?もう、直ぐそこですよ早くしないと・・・・」
 「もう・・・・いいのよ・・・・。全部出ちゃったの・・・・。」
 

             
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 本館クネクネ物語(管理人テルラ). all rights reserved. ページの先頭へ